平成27年4月に独立して、早いもので1年が過ぎました。

独立起業は「死後の世界」…(苦笑)に近いイメージがあり、右も左も分からない中、エイヤッと飛び込んだ1年前でした。

長崎市出島町の「長崎県ビジネス支援プラザ」にあるスタートアップルームに入居。最初の日となる4月1日は、あいにくの大雨でした。ずぶ濡れになりながら、静か〜な部屋の片隅で「これからどうなることやら…」と、不安に思ったことを覚えています。

お世話になった支援プラザも、3月末をもって「卒業」と相成りまして、4月からは長崎県大村市を拠点に活動してまいります。

大村市は長崎県のど真ん中、長崎空港をはじめ高速のインターチェンジ、JRもあり、どこに行くにもアクセスの良い場所。将来的には新幹線も通る予定です。長崎県内で唯一、人口が増加し続ける市で、子育て世代も多く、民力が高い街と言われています。

当初は不安でいっぱいの独立起業でしたが、おかげさまで、いろいろなところからお声掛けをいただき、少しずつですが活動の範囲を広げてまいりました。

ワークライフバランス分野では、その話題性(物珍しさ!?)から、独立半年を過ぎた頃からお呼びがかかるようになりました。経営者、女性、働く人…いろいろな方々を対象に、およそ20回ほど話す機会を頂戴しました。時代の変化から、今後の方向性を模索する方々に、特に関心をお寄せいただきました。

また、本格的なワークライフバランスコンサルティングの現場にも入ることができました。この分野のトップランナーである、株式会社ワーク・ライフバランスと連携し、大組織での「働き方見直し」の実践に関わることができました。多様な職種の集合体でも、働き方の問題には共通項があるような気がしました。取り組み方は、各部署で全く違うアプローチでしたが、いずれもメンバーの皆さんが工夫しながら、それぞれに最適な方法を模索、予想以上の成果を上げていました。

ライティング分野では、まず「かんたん!プレスリリース講座」を3回開催し、会社経営者から職員さん、個人でご活躍の方まで、幅広い層の皆さんにご好評いただきました。早速実践し、成果を上げた方もいらっしゃり、こちらも嬉しかったです。

インタビュー記事の作成にも多く関わらせていただきました。リーダーとして各方面で活躍される方など、第一線ならではの豊富な人生経験は、そばで聞いているだけでも有意義なものです。それを、たくさんの方々にとって、分かりやすい文章に整えるのが私の仕事です。今後は、自叙伝などの執筆のお手伝いも行っていきます。

ホームページやパンフレット、チラシなどの文章作成にも関わりました。「商品やサービスの魅力を、効果的に伝えたい! でも書くのは苦手…」という方を応援しています。

コーチング分野では、通常のセッションだけでなく、コンサルティングやライティングの場面でも、そのスキルを活用し、前向きな成果を出すことができました。クライアントさんから「宝探しのようだった!」という嬉しい感想をいただいています。「安全・安心・ポジティブ」で、話しやすい環境をご提供しています。

以上、一年間を振り返ってみました。公私ともにいろんなことがありましたが、貴重な経験を糧に、これからも頑張っていきたいと思います。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!